カナダ|彩花苑
夢ブログ

カテゴリー別アーカイブ: カナダ

〜カナダの大自然に包まれて〜vol.18

おはようございまーすっ!

一日遅れになってしまいましたが、

本日もakanismがカナダの田舎から現地の旬な情報をお届けします♡

さて12月に入り、クリスマスシーズン真っ只中なカナダでは、

みんなお家の周りにド派手〜なクリスマスライトや

ブローアップサンタなんかのデコレーションを飾り出してるよ。

それを見る度に、「嗚呼、また来てしまったよこの季節・・・」っと

実は毎年、若干憂鬱〜な気分になってしまううちら。

今では完全に消費主義的なイベントになってしまったクリスマス。

毎年特に使わないようなものを沢山もらったりあげたりして、

結局最後はゴミになってしまうことが多かったりするのが実情。

今までは時間とお金と労力を割いて、私たちもファミリーひとりひとりに

いくつかのプレゼントを見繕っていたんだけど、

これからは少し違った形の贈り物でもいいんじゃない?という話に。

クリスマスの本当の意味って大切な家族と美味しい食事やお酒を楽しんだりして、

みんなで一緒に時間を過ごすことにあると思ってるから。

で、その時間を通して普段の感謝の気持ちや愛を伝え合ったりすることにあるのかなと。

でもクリスマスディナーに完全に手ぶらで行くわけにも行かず・・・(苦笑)

ということで!

相方と二人で考えたのが、”Intangible or Consumable Gift”はどうかということ。

要するに、「実体のない、もしくは消耗品のみの贈り物」=ゴミにならない。

そこで今年私たちが選んだ家族へのクリスマスギフトをシェアするよ。

《相方のお父さんと奥さん》・・・遺伝子検査キット

「ええ?」と思う人も多いと思う(笑)

いきなりなんだ?!って思うよね。(自分でも思った笑)

私たちが今回オーダーしたのは23andmeという有名なシリコンバレーの会社のもの。

送られてくるキットに採取した唾液を入れてアメリカのラボに送ると、

後日結果が送られてくるというシステム。

自分の人種構成や先祖の起源などが詳しくわかる「Ancestry Service」というタイプと、

それプラス特定の病気に関する遺伝子リスクなんかも詳しくわかる

「Health + Ancestry service」というタイプと2種類あるみたい。

今回私たちはシンプルな前者をプレゼントすることに。

テーマとしては、今まで思ってもみなかった自分の先祖や

ルーツを知ることによって「自分自身への旅」に出てもらうこと。

特にここ北米は移民の国だから、驚きの結果が待っているはず・・・

そしてももう一つのテーマは、

「人種という概念自体を考え直すきっかけにして欲しい」という願いも込めているよ。

《相方のステップシスターと旦那》・・・CSAサービス

まずCSAって何かなんだけど、

Community Supported Agricultureと言って、

地域の消費者が

地域の農家から

自家消費用の農産物を

代金前払いで

直接定期購入するシステム。

日本では殆んど行われていないらしいんだけど、

うちは田舎だから、この辺りにCSAをやっているファームが3件あるよ。

その中から、相方の友人ファミリーがやっているファームの

バイウィークリーのCSAサービスをプレゼント。

私たちがプレゼントするのは、

年間ではなくシーズン中のみ(初夏から秋にかけて9回分)なんだけど、

隔週で種類が豊富で新鮮な季節のオーガニック野菜を箱にいっぱい届けてくれるよ。

都会の生活で忙しくしているけど、

料理が好きで、食に関心のある二人には喜んでもらえるかなぁと思ってるんだけど・・・

他にはファーム訪問や収穫体験ができたり、

季節のイベントに無料で参加できたりとシェアホルダーとしての特典も色々あったり。

そしてCSAの目的(以下)と私たちの信念とが重なり合うから尚良し!

①食の生産と消費について、直接的なつながりを持たせることで、生産者とそれを支持する地域のコミュニティとの 間に、強力なかかわりあいとパートナー・シップを生み出させる。それによって、地域経済を強くさせる。

②将来にわたる地域の土地利用のありかたについて、地域の人々の意識を目覚めさせる。

③CSAは、家族農業を地域の人々で守る運動でもある。CSAによって、小規模農家が多様な種類の作物を作れるようになることで、農業者間での交流や協調の体制ができる。また,小農を守ることによって、オープン・スペース がか確保され、野生生物の生息地や生態系が守られ、地域の環境が維持できる。

http://www.sasayama.or.jp/opinion/S_23.htm より抜粋)

《相方のお母さんとパートナー》

「何も要らないよ〜!」

「どんどん年老いていくのに、逆に物が溢れすぎて困っている!」と言われたから、

微々たる金額ながら、プレゼントの代わりに、

彼らの名義でチャリティーに募金をすることに。

特に動物が大好きでいつも環境保護の重要性を説いている

お母さんのパートナーの意思を尊重して、

生物生息地の確保や希少野生動物や生態系の保全活動を行う

Nature Conservancy of Canada という非営利団体に募金する予定。

あとはちょっと良いワインと手作りのスイーツでも持って行こうか・・・

その他のギフトアイデアとしては・・・

  • カップルのお料理教室&ワインペアリング
  • 自分だけのワイン作り(お店で発酵・熟成・ろ過作業してくれる)
  • スポーツ観戦観戦チケット
  • 写真撮影サービス
  • マッサージ  など・・・

実は、基本的に私も相方もあまり物欲がなく(食欲はあるけどね笑)、

お誕生日、記念日、バレンタインとかそういう系はほぼやらないんだ、、、

その代わり、特別な日には美味しいものを作って食べたりはするよ♡

「これ欲しい!」とかあまり思いつかないから、

どうしても欲しいものがある場合は、

それぞれ自分でお金を貯めて自分が欲しいものを買う感じ。

「可愛くねーなー!」と言われればそこまでなんだけど(苦笑)・・・

でも本当に私たちは今の所それがベストなスタイル。

だから希〜にちょっとしたサプライズプレゼントなんかをすると

リアクションが100倍くらいで返ってくるよ(笑)

相方の場合は、養蜂に関する本やキットを贈るとまず間違いないし、

akanismの場合は、きのこ関係の本とかツールをもらうとテンションアゲアゲ(あはは)

ということで、

今回は「モノじゃないクリスマスプレゼントのアイデア」をご紹介しました。

今年は、いつもと少し違ったクリスマスプレゼントでサプライズしてみませんか?

Keep warm,

 

〜カナダの大自然に包まれて〜vol.17

遂に来ちゃった・・・雪kao-a13.gif

FullSizeRender 2

4日間の弾丸日本旅から戻って来たら地面が薄っすら白かったから

もうそろそろだなぁとは思っていたけど・・・

先週末でハンティングシーズンも終了して

またどこでも好きなところに行けるし

ワンコたちは雪の上を走りまくって楽しそう。

FullSizeRender

昨日の夜のお散歩中も寒さで顔が痛くなったから

「あ。これはマイナス10度くらいまで下がったな・・」と思ったらビンゴ!

こんな寒い季節はわが家では「クロックポット」が大活躍。

IMG_5842

クロックポットとはコンロを使わない電気鍋のことで、

北米では恐らく一家に一台はあると思われる定番家電。

(関西人が一家に一台たこ焼き機持ってる感じかな 笑)

煮込み料理なんかは、朝(or 昼頃)に材料を入れてスイッチオン!にしておくと

夕方には料理が一品完成しているという超優れモノ。

うちなんて基本ワンプレートディナーだから、

これさえ準備しておけば夕食時は特にやることなっし〜!

低温加熱を維持してくれるから焦げつきの心配もなし。

日本でも最近じわじわと知られ出しているらしく、

時間に追われる日本人には絶対にもってこいの一台だと思う。

大体はHighとLowの2段階調整、プラス中には保温機能があるものも。

コトコトゆっくり煮るから煮崩れもしにくいし、

吹きこぼれて汚れちゃったりもしないし

うちなんてサイズ違いで実は3つ持ってますkao-a03.gif

IMG_5843

インターネットで「スロークッカー レシピ」で検索すれば

色んなメニューアイデアが出て来るよ。

うちの相方の最近のお気に入りメニューは「ココナッツチキンカレー」。

超手抜きでびっくりするかもしれないんだけど・・・

美味しい美味しいと言ってくれるからよく作るよkao-a04.gif

クロックポットに、カットした

  • 鶏肉(お好きな箇所を)
  • 玉ねぎ
  • 好きな野菜(うちでは人参、パプリカ、ズッキーニなどあるものを適当に投入)
  • ココナッツミルク(具が浸る程度の量を入れる)
  • 塩・コショウ
  • カレー粉
  • おろしニンニク
  • おろし生姜
  • カシューナッツ

 

を入れてスイッチをオンにするだけ!

辛いの好きな人はフレッシユなタイペッパー入れてもGOODte02.gif

お昼の合間にこれをしておけば、6時間後には夕食が出来上がり〜。

味見をして何か物足りないなぁ〜って言う時は、

鶏が○スープの素なんかをちょこっと入れて味をまとめる感じ。

これにパクチを載せて、炊いておいたご飯とサラダでも添えれば立派な夜ごはん!

お鍋やフライパンを使わないから洗い物もラクだし、

空いた時間で他に自分のやりたいことができるからうちでは重宝してるよ。

こんな感じでスープやパスタソース、肉料理なんかも仕込んでおくことができるよ。

これからの季節だと、朝のうちにおでんを仕込んどいてもいいね〜♡

IMG_5554

11月も後半に入って、そろそろクリスマスtree02.gifの事を考えなきゃいけない時期だけど、

共働きのご家庭や1日24時間じゃ足りない!って感じる忙しい人には

絶対喜ばれるアイテムだと思うよ!

ちなみに今日は野菜沢山のコンソメスープwithポークソーセージ仕込み中・・・

IMG_5844

白インゲン入れようと思ってたのに忘れちゃった、、、

しかも溢れ出しそうなくらい満杯だから今日はやめておこう。

日本も冬本番になってきたみたいだけど、

風邪など引かないようにどうぞお気をつけて♡

それでは see you next time!

xo

 

 

 

 

 

 

 

〜カナダの大自然に包まれて〜vol.16

ぶるぶるぶる・・・・・kao-a11.gif

IMG_5341 2

なんか寒くなってきたなーーと思ったら、

そういえばもう11月だもんね。

こっちではもう暖炉に少し薪を焚べる日もでてきたけど、

朝晩を除けば、まあまだ我慢できる程度の寒さだよ。

例年に比べればどちらかというと暖かい方なのかもしれない。

先週の土曜日に今年初の雪(というか吹雪だった)が降ったんだけど、

結局積もらず終いで、次の日には全部溶けてたからホッとしたぁ〜

お天道様kira01.gif、もう少しこの色のある世界を楽しませてくださ〜いっ!

アメリカやオーストラリアと同じように

カナダもサマータイム(夏時間)制を導入しているんだけど、

ちょうどこの前の日曜日からまた冬時間に切り替わって、

余計に外が暗い時間が長くなったよ。

朝日が昇るのも遅くて、夕方日が暮れるのも早いから、

昔トロントのオフィスで朝9時から夕方5時勤務だった頃は

仕事に行く時もまだ暗くて、仕事終わってオフィスを出たら既に暗くて、

一日で太陽を浴びる時間が本当に少なかったのを覚えてる。

皮膚が太陽の光にさらされると体内に生産される ビタミンDだけど

冬は不足しがちでみんな冬季鬱になりやすいから、

この時期テレビでもサプリメントのCMをよくやってるよ。

ということで本格的に雪が降りだすと、

一面真っ白で無機質な世界に一変するakanismの住んでるど田舎。

そこで今日は「akanism流・冬の過ごし方(インドア)」をご紹介します。

⑴ リラックスできない読書

Screen Shot 2017-11-08 at 8.47.52 AM

本が大好きな私。

でも実は最近の読書はほぼオーディオブック!

ん??

ってことは・・・「聴書」になるね!(笑)

アマゾンがやってるAudibleっていうサイトの会員だから

毎月好きな本を一つダウンロードできて、

スマートフォンのアプリでいつでもどこでも聴くことができるよ。

英語版は新刊なんかも直ぐに出てるから凄く助かる〜。

お料理やお掃除しながらとか

散歩しながらとか

車の運転しながらも聞けるし

忙しいママやマルチタスクしないといけない人には凄く便利だと思う。

会社の通勤時間に電車やバスで聞くのもいいかもしれない。

座って本を読んでると肩が凝るから、これ助かるんだよね〜(笑)

日本語版も結構良くなったと聞いてるから、

日本語のオーディオブックも買ってみようか検討中。

さて読書の目的って皆人それぞれだと思うんだけど、

akanismはどちらかというと知的好奇心を満たすために本を読むかな。

特に社会人類学、自然、世界情勢や政治なんかに興味があるよ。

今聴いてる本は、現代アメリカ政治について。

読書

リベラル政党の介入によって最も恩恵を受けるであろう人たちが

(この本ではルイジアナ州のハードコアな共和党支持者)が

何故そのアイデアを嫌がり、そしてその真逆の政党に表を入れるのか。

その理由をその土地の歴史・文化・宗教などを踏まえた上で

感情的社会学の視点から解明しようとしている本。

私たち人間って、理解できないものはつい拒絶もしくは排他してしまいがちだけど、

そればかりではアメリカだけでなく私たちの世界の二極化は進むばかり。

だから違う中にも「共通の基盤」を見出す努力をすることって

必要なのかもしれないと思ってこの本を買ってみたんだよね。

アメリカはカナダにとってもお隣の強国・・・

だからそこで起こっていることは人ごとでは済まされなくて、

いつもこっちの家族や友達ともよくこんな話になるよ。

ということで、akanismにとって読書(聴書)って

あまりリラックスできる時間ではない〜(苦笑)

自分が興味のある分野を題材にしたものを除いては

ほぼノンフィクションしか読まない(聴かない)よ。

でもたま〜に頭が現実逃避したがってるな、、って感じる時は

フィクションの小説を読んで物語にどっぷり浸ってみたり・・

⑵ 身体メンテのおうちヨガ

ヨガ

ヨガは毎日の日課。

仕事で毎日長時間パソコンでの作業をするから、

きちんと身体のメンテナンスをしないと直ぐにガタが出てくるよ。

トロントに住んでた頃は、時間を見つけては

近所のお気に入りのスタジオに週に2-3回通ってたんだけど 、

この田舎に引っ越して来てからはそういうわけにはいかないよ〜(涙)。

ヨガスタジオも何も、まず人がいないからね〜(爆)

ということで自分でやるしかないってことで、

毎日Youtube見ながらおうちヨガやってるよ。

今まで結構色んなYoutubeチャンネル試してみたけど、

一番のオススメは Yoga with Adriene!

YWA

このエイドリアン今では超人気で、

Youtube外でも大活躍してるみたい。

彼女の魅力は、本当に気取らない、自分らしいところ。

ニューエイジーな薄っぺらいことをペラペラ言わないし、

凄く親しみやすいキャラクターの彼女。

一つ一つのポーズにトークも交えながら時間をかけるから、

ヨガはちょっと・・という人でも入りやすいと思うよ。

ちなみにちょっと英語でヨガやって見たいなって

思ってる人にもぴったりだと思うよ!

ちなみにakanismがここ何ヶ月か毎日やってるのはこのビデオhttps://youtu.be/Ido0fK6uBi8

⑶ とりあえず何でもトライ!ウクレレ

ウクレレ

数年前にいとこの子供(当時11歳だったか、、、)が

クリスマスプレゼントにウクレレ貰ってて、

その後、独学で練習してるうちにものすごい勢いで上達して、

今では毎週近所のバーで行われるオープンマイク(飛び込み)ナイトで

お披露目できるくらい上達したんだよね。

それを見て最初はただ

「ああ〜若いっていいなぁ〜」って思って見てたんだけど、

ある時ふと、

「いや、自分も練習すればある程度弾けるようになるんじゃない?!」

「11歳ができるなら31歳でもできるんじゃない?!」と一念発起し、

その翌年に相方からウクレレをプレゼントしてもらい、

それ以来、気が向けばウクレレを触るようになったよ。

昔ほんの少〜しだけギターを触ったことがある故、

コードの押さえ方なんかは少しだけわかってたんだけど、

ウクレレのコードをまた覚え直さなきゃ行けなくて悪戦苦闘。。。

でも最近は少しづつだけどレパートリーが増えてきたよ。

aikoとか鬼束ちひろとか歳がバレるよねkao-a18.gif

主に自分が若かれし頃に流行った90年代以降の懐メロが多いんだけど、

日本の友達にビデオを送ると

「選曲が古っ!(爆)浦島花子かっ!」と爆笑される始末。

だってakanimの日本の音楽は、ほぼ2003年までで止まってるからね〜

別に特に誰かにお披露目するわけでもなくほぼ自己満なんだけど、

家に音楽があるっていうのはなんかいいよね〜♬

⑷ 吸い込まれそうな星空観察

星空

これはインドアではないんだけど・・・

akanismの住んでる森の中は比較的光害が少ないから、

雲さえなければ↑写真の様な満点の星空が見えるよ。

帯のようになっているのが天の川(ミルキーウェイ)。

特に冬の寒い日なんかは、まさに宝石箱をひっくり返したような美しさ。

運が良ければ流れ星が見えたり、

一日に地球の周りを16周する国際宇宙ステーションが見えたり。

雪が積もりだすと、大きな厚めのジャケットを着て外へ出て

そのまま雪の上に寝そべり、しばらく星を見るんだけど

まあなんか何とも言えない気持ちになるよ。

星空2

この宇宙における自分の存在意義って何だろう?とか

そっち系のことを考えずには居られなくなるよね(苦笑)

ということでakanismお気に入りの冬の過ごし方をシェアさせてもらったよ。

他にも色々あるんだけど、またの機会にご紹介するね♡

実は今週末から弾丸でなんと4日間だけ日本に行ってくるよ!

東京で行われる幼馴染の結婚式があるんだけど、

カナダでのお仕事の関係で超短期滞在・・・kao-a14.gif

でも大切な人の大切な日をお祝いしに、

akanismはどこへでも飛んで行くのだ〜wing.gif

See you next time!

xo

 

〜カナダの大自然に包まれて〜vol.15

Hey guys!

みんなもう夜ご飯を食べ終わってお家でまったりしているところかな?

こちらはこれを書いている今現在、朝の8時だよ。

元気なのが取り柄なakanismだけど、少し風邪をひいてしまったみたい・・・

朝からとりあえずレモン半分の汁を水と一緒にグラスに一杯(これは日課)と、

今日はコーヒーはやめて、特製の風邪SOSホットドリンクを飲みながら書いてるよ。

IMG_5222

ちなみにこの特製ドリンクに入っているのは、すりおろした生姜、生ウコン、

レモン、はちみつ、カイエンペッパーだよ。

ちなみにウコン触りすぎて指先が真っ黄色になっちゃった〜

これを1日2回くらい飲んでると大体風邪が酷くなる前に復活できるよ。

結局のところ、しっかり食べて、寝て、免疫力をアップしない限り

風邪は治らないからね〜

風邪薬はなるべく飲まないようにするのがいつもの目標。

ところで、何故風邪なんてひいてしまったかというと・・・

実は先週末、1年半ぶりにakanismの第2の故郷であるトロントに遊びに行ってたの♡

IMG_5209

普段、新鮮な空気と自然の中で、

あまり人と直接関わらない生活をしているもんだから、

トロントのような大都会で人混みに揉まれると、

すぐに菌とか貰ってきちゃうという・・

ちなみにこれいつものパターンだけど(苦笑)

今回わざわざトロントに行ったメインの理由は、

トロントのPatagonia(パタゴニア)ストアが、

映像制作者でもある相方の長編ドキュメンタリー映画の

無料スクリーニングを開催してくれることになったから。

IMG_0159

パタゴニア公式店舗では、毎月1回ゲストを呼んで無料のインストアの

コミュニティーイベントを開催しているらしく(日本の店舗でもやってるはず!)、

今回は、パタゴニアの会社理念と

相方のドキュメンタリーのメッセージ性が一致しての運びとなったよ。

この会社、自分たちの事を「アクティビスト企業」と位置付けて、

環境の保護と保全の活動を、

ビジネスを営む理由として積極的な活動をしているよ。

興味のある方はこちら→ http://www.patagonia.jp/the-activist-company.html

当日は100人近くの方が来てくれて、

用意してくれていた椅子が足りなくなるハプニング!

地元のマイクロブルワリー(小規模でビールを生産する醸造所)のスポンサーもあって、

ビール飲み放題〜♬

IMG_0143

最後はこの作品に関してのQ&Aで、沢山の質問や心強いメッセージを貰ったよ。

IMG_0161

新たな出会いも沢山あって、終始温かい空気に包まれた夜だったよ。

IMG_0170

今回は3日間という短い滞在だったけど、

長い間会ってなかった大好きなお友達とも再会でして、

大好きなレストランで美味しい日本食を食べて、

IMG_0212

大好きなレゲエで踊って、

IMG_0221

物凄く濃〜いステイとなったよ。

正直な所、最初トロントからこのケベックのど田舎に引っ越して来た当初は、

友達は勿論のこと、トロントのエネルギッシュなカルチャーやシーンが恋しかったけど、

今は、この静か〜な田舎に帰ってくると本当にホッとする。

IMG_0224

20代の波乱万丈をトロントで思いっきり!過ごしたからもう心残りはない!

若いっていいね(笑)

 

 

 

〜カナダの大自然に包まれて〜vol.14

こんばんは☆

先週末がちょうどThanksgiving(感謝祭)だったから、

みんなが待ちに待った4連休だったんだけど、あっという間に終わってしまったー!

IMG_5078

カナダのThanksgivingは、毎年10月の第二月曜日に当たる日(またはその週末に)に、

家族や友達が集まって、七面鳥のローストや沢山のご馳走、

そしてこの季節ならではのアップルパイやパンプキンパイなどを

の~んびり食べて過ごす、日本のお正月のような感じだよ。

IMG_5072

ちなみにアメリカのThanksgivingとは、時期も意味合いも異なってくるんだけど、

カナダでは一般的に「豊かな収穫と自然(神)の恵み」に対して感謝をする日といわれてるよ。

さて、このThanksgivingの七面鳥ディナーに欠かせないもの、何だと思う?

実は、『クランベリーソース』!

缶に入ったジャムのようなゼリー状のものを使うことが多いみたいなんだけど、

本来なら、新鮮なクランベリーを煮詰めてお家で作るもの。

その採れたて新鮮なクランベリーが手に入るのがちょうどこの時期♡

しかも、なんとakanimの住んでいる場所から30分ほど南に行ったところに、

クランベリーファームがあるのだー!

丁度毎年この週末に、地元の人たちが企画する「クランベリーフェスティバル」があって遊びに行くんだけど、

いつもその頃にはもう収穫が終わっていて、実は今まで一度も収穫の様子を見たことがなかったのだー(涙)

でも今年は比較的暖かい日が続いているから収穫時期がずれ込んでいるらしく、

ラッキーなことにその様子を見ることができたよ!

IMG_5007

え?!何で水を張った池にクランベリーが入れられてるの?って思うかもしれないけど、

これが少し特殊なクランベリー収穫方法なのだ~

まず。クランベリーはこんな感じで10センチくらいの低木になるよ。

IMG_4985

広大な敷地に幾つもある畑から、手作業で収穫することがとても困難。

じゃあ他の農作物みたいに機械で刈り取れないの?と思うかもしれないけど、

実はクランベリーにはそれができない理由が、、、

クランベリーは成長するまでに16ヶ月もかかるんだけど、赤く熟れたフルーツの横には

翌年に実る芽?!が付いていて、機械を使ってしまうとこの芽まで刈り取っちゃう・・・

IMG_4986

ということで、クランベリーの収穫方法は、クランベリーがなっている畑に水を張り、

木ごと完全にアンダーウォーター。

でもね、クランベリーって中に空気が入ってるから、浮くのだ!(これに気づいた人すごいよね)

で機械を使って水中の低木を揺さぶってクランベリーを浮かせる感じ。クランベリーのプール!

でそれをこれまた大きな機械で水ごと吸い取る。

IMG_5005

IMG_4987

で、その機械を通る時に、要らない水は反対側の水路へ、そしてクランベリーをトラックの荷台へ。

で、メカニズムがイマイチわからないんだけど、それをまたまたベルトコンベアーのある機械に通す。

IMG_5023

IMG_5025

IMG_5030

IMG_4978

IMG_4974

IMG_4970

IMG_4972

そして選ばれしクランベリーだけが、出荷されて行くというね。

実はクランベリーってカナダに来るまで見たことも食べたこともなかったなぁ。

別に普通に食べて美味しいかと聞かれると、「んー」「?」で、一般的には加工してから食す感じだと思う。

大体クランベリーソース以外だと、ジュースやジャム、マフィンやスコーンにしたり、

あとはフレッシュなものをお肉の煮込み料理に使ったりという感じかな。

まあ今年は念願の赤いクランベリー絨毯が見れて大満足な週末になったよ。

このフェスティバルには、このエリアのファーマーやアーティストたちが少し来ていて、

akanismも知り合いが育ててるうずらの卵や、手作りジャム、

あと手作りのホワイトスプルースエッセンシャルオイルとか色々買っちゃった♡

IMG_5035

ということで、次の大きな祝日はクリスマスだね・・・嗚呼、早いね一年・・・

See you next time!

xo

 

 

 

 

 

 

 

 

〜カナダの大自然に包まれて〜vol.13

Good morning!

日本も関西ではまだまだ夏日が続いてると聞いているけど、

実はここでは、もうこの2週間、30度超えの猛暑で、akanism久々にダウン、、、

猛暑注意報みたいなものも出てるくらいでびっくりだよ!

うちの家は、太陽の光を最大限に取り込めるようにと、

上のフロアの南西側は全面ガラス貼りなもんだから、もう暑いのなんのって、、、

普段は暑くて文句を言うことは殆どないんだけどねぇ。。。

しかもクーラーなんて勿論ないから、扇風機をガンガンかけるんだけど、

それでは全く間にあわず、毎日正午前には、お家完全サウナ状態。

風も全然吹かないもんだから、もう犬たちもお外で1日過ごすハメに、、、

どうやら明日、やっと嵐が来るらしいから、

雨が降って、風が吹いて、嵐が通り過ぎたら

空気がガラッと一変して、すっかり秋になっていくよ。。(10度一気に下がるらしい)

暑いとは言うものの、朝晩のひんやりで紅葉もぼちぼち始まってるしね。

季節と言うものは、ちゃ〜んと流れていくもんだね〜ってしみじみ思ふ今日この頃。

この2週間の間に、またまたキノコフィーバーがあったよ。

一度目は、前回のブログのすぐ後に突然現れたと思ったら消えてった

「シャギー・メイン」というキノコ。

IMG_4526

森の妖精が傘の下に隠れてそうな感じのめちゃくちゃ可愛いキノコ♡

IMG_4564

繊細で丁寧に触らないとすぐに傷ついちゃうからそぉ〜っと収穫してカゴへ。

IMG_4565

このキノコ、小さくてもいいから見つけたその時にすぐ取らないといけないよ。

なぜなら、すぐにこうやって黒くなって・・・

IMG_4606

IMG_4600

そしてすぐこんな感じでドロドロ〜のインクみたいになって消えていくの!

IMG_4682

すごいでしょこれ。インキー・キャップという種類で名前そのままだよね(笑)

どうやら昔の人はこの黒いドロドロで字を書いたりしてたらしい・・・!

収穫後もその日のうちか、または収穫してすぐに食べないと、

次の日まで置いてると、すぐに黒くなってきちゃうよ〜。

私たちは夕食に添える様に、軽くバターソテーにしたよ。

IMG_4532

見た目の割には味もしっかりしていて、食感はエノキを柔らかくした感じだった。

食べきれなかった残りはピューレにして、アイスキューブのトレイに入れて冷凍したよ。

IMG_4533

そしたら冬にスープなんかを作るときに一緒に入れてベースに出来るからね。

その1週間後、嗚呼もうキノコたちも終わりかなぁ〜なんて思ってた矢先に、

朝の散歩中に、これまた大量のキノコが木から生えてるのを発見!!

IMG_4674

ここ最近、毎朝コーヒー飲みながら、

前に買ったキノコの識別本を読んで 少しづつお勉強してるんだけど、

そこに載ってた『ハニーマッシュルーム』ではないかと踏んだakanismは、

IMG_4677

お家にダッシュして帰って、念のため2冊の識別本を抱えて森へ戻る・・・

じっくり見て一つ一つ特徴をチェックしていくと・・・

やっぱりそうだ!ハニーだーっ!ってことでウハウハでまた家に走って帰り、

今度はakanismの相方(ハニー笑)を引き連れて森へ戻る。

オタワのお友達が、このキノコを見つけたとFacebookに載せているのを見たから、

多分この辺りにも生えだしているんだろうなぁ〜とは思っていたけど、

初めてのハニーマッシュルームなだけにテンションアゲアゲ、興味津々で収穫〜

IMG_4690

その後そのまま犬の散歩に出かけて見たら、

まあなんと、そこら中に大量に生えまくっているではないかぁーーーっ!

IMG_4698

IMG_4691

IMG_4713

ということで見ちゃったら無視できない性分のうちら、

カゴもないのにセッセと収穫(笑)

IMG_4700

二人とも手がいっぱいになったからお家に帰って、全部綺麗に洗ってから、

少しだけ昼食の焼うどんの中に入れて食べて見たよ。

味はね・・・ソースの濃い味に紛れてあまり分からなかった(爆笑)

残りはシャントレル茸の時と同じ様にドライソテーにしてから小分けにして冷凍。

ソテーした後のおうちの中は、キノコのいい香りがムンムンしていたよ。

ちなみにこのハニーだけど、北海道では結構有名らしくて、

とにかく出汁がよく出るらしいよ!確かにちょっと椎茸の様な感じで生えてたなぁ。

まだ今年の夏にキノコデビューしたばっかりの新米ハンターakanismだけど、

今までに10種類は天然キノコを食べたよ。そして中毒ゼロ。

臆病者だから見つけたものを全部ホイホイ口に入れてる訳ではないから安心してね(笑)

元々のモチベーションは、ワイルドフード、要するに、自然に育つものを知って、

自分の食料の一つとすることが目的だったんだけど、(そしてキノコ大好きだから)

キノコを探す様になって、外や森の中で過ごす時間が増えたこと、

お天気や温度・湿度に敏感になったこと、

またキノコ以外にも、自然の法則に前よりも注意を向ける様になったこと、

そして何より、自分が自然に恵みを与えてもらってるんだと強く認識する様になって、

私の自然に対する『信頼』が揺るぎないものになったよ。

後、自分の直感を強く意識する様になったかな。だって・・・

ビビビッて来た時その方向に行くと、キノコ大量発生してることがよくあったから(笑)

↑笑ってるけど本気だよ!

うちの相方も最初は「何言ってるんだ〜」って感じだったけど、

実際、akanismがふと指差した方向がビンゴだったことが何度もあってね・・・うふふ。

ということで、次回の投稿の際にはもう少し木々が色づいている頃かな。

季節の変わり目に風邪などひかない様に気をつけてね!

それではHave a wonderful day!

xo

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

〜カナダの大自然に包まれて〜vol.12

Hi guys!

IMG_4353

ここケベック州の南西部では、9月に入った途端すっかり秋になり、

夜は気温がもう一桁になってしまう日も出てきたよ、、、(ぎゃあー!)

でも先週末から雨も降らずに数日間暖かい日が続いているから、

「インディアンサマーかなぁ?」って丁度話していたところ。

これが過ぎるとまた急にぐっと気温が下がって、

アレヨアレヨという間に紅葉の季節になるんだよね。。。。

もうすでにはやとちりで赤くなってるメープルの木も出てきてるから

それを見る度にまた冬が来るのかと思うとゾッとしている今日この頃。

さて今日のブログはいつもと少し変わって、アニマル特集!

アニマルと言ってもうちのワンコとニャンコなんだけど、

動物好きの方から是非お願い♡とリクエストを頂いたので♪

うちには犬が2匹と猫が2匹の合計4匹が仲良く一緒に暮らしてるよ。

IMG_4375

IMG_3982

まずは我が家の長老モーゼス(あだ名:モーちゃん)。11歳の♂。ミックス。

IMG_3542

元々は相方の愛犬。相方と二人で4年半の間、北極圏からパナマまでキャラバンで縦断して

沢山の国々を旅した経験あり。→うらやまし〜い!

よって、よく躾けられためちゃめちゃ賢いワンコ。→顔見てても賢そうでしょ?!(笑)

IMG_4379

後々登場するセーちゃんとは天と地ほど違うという・・・。

とにかく森や野原を風をきるように走り回るのが大好きで、

IMG_2582

リスや七面鳥、うさぎ、鹿を追いかけ倒すのが大好き。

数年前に比べるとスタミナがかなり落ちてきたけど、

走るフォームが綺麗で持久力あり。というより自分のペースをわかってるのかな。

走って暑くなったら湖で泳いでクールダウン。

IMG_4370

とても優しいクマさんみたいな息子だよ。

次はモーちゃんの妹分であるセージ(あだ名:セーちゃん)。4歳の♀。ミックス。

IMG_4383

こっちでは雪ゾリを引っ張る犬として知られているマラミュートと

食いしん坊のラブラドールのミックスらしいんだけど、

さすがマラミュートだけあって超頑固者、、、

モーちゃんの方が群れ的に上なのに、いつもでしゃばるし空気読めない自己中(苦笑)。

ある冬に近くのスーパーへ買い物に行った時に知らな人にもらってくださいと言われて、

「いやとりあえず可愛いから抱っこさせて?」って言って抱っこしたら

そのまま家に連れて帰ってきてしまったパターン(笑)

というかakanismが離せなかった!

だってクマの赤ちゃんみたいに可愛かったからあの目にノーとは言えなかった!

セーちゃんもモーちゃんと一緒で走るの大好きなんだけど、

足も短いし走りのフォルムにもあまり流れがなくてスグへたってしまうから、

いつも勝手に私が乗ってるバギーに「乗せて~もう走れない~」と犬のくせに

こんな感じで↓ずうずうしくも乗っかってくるよ(爆笑)

IMG_4201

IMG_4202

IMG_4204

冬はスノーモビールに乗っかって来るし、カヌーやSUPにも乗っかるよ。

要は自分が走らないで風を切るのがお好きみたい♡

いつも先頭に立って、鼻をクンクン言わせて楽しそうにしてる。

すごく忠誠的で甘えん坊だから常に足元にチョロチョロしてる我が家のアイドル。

続きましてニャンコたち。

うちのニャンコたちは、私が昔飼ってたママ猫のドルチェヴィータが産んだ子猫たち。

だから生まれた瞬間からずーっと一緒で幸せも苦労も共にしてきた大切な家族。

まずはシマシマ・ショートヘアーのマキャベリ(あだ名:マキャ)。10歳♂。ミックス。

IMG_3628

おしゃべり大好き猫で、誰が家に遊びにきてもにゃ~と出迎えてくれるのはこの子。

とにかく「触って病」が凄くて、知らない人の膝にもちゃっかし乗っかって行って撫でてもらうほど。

お外に遊びに行くことは稀で、基本うちのソファーでずっと寝ている猫。

IMG_2664

たま~に気が狂ったかのよ夜中に家を走り倒すことがあるけど、

多分彼なりのストレス発散法?

ちょっと長いことお家をるすにした後に帰ると、本人怒っているのかお出迎えはなしで、

呼んでも来ないし、探しても隠れて意地悪するよ。

IMG_4420

やっと見つけてごめんねって謝っておやつあげてやっと許していただます。

マキャ曰く「寂しかったやんかーどこ行ってたんやー!」。

もう1匹はシマシマ・ロングヘアーのピスタチオ(あだ名:ピーちゃん)10歳♀。ミックス。

9F659791-C026-42DB-A1FB-683E9168C5DB

毛のふわふわ感が大きく見えるんだけど、実際はマキャよりも小ぶりで弱々しそうなピーちゃん。

でも実はこの猫すごいのだ!

外の気温がそこそこ暖かい期間中はほぼほぼお外で過ごすかなりワイルドな猫。

蛇と喧嘩したり、毎日毎日モグラ、ネズミ、鳥などなど

いろんな動物の死骸を玄関の前にお土産として置いて行ってくれるよ、、、

IMG_4434

毎日の犬とのお散歩にも同行。どこまでもついて来る散歩する猫(笑)

IMG_4228

女の子同士セーちゃんと仲良しで、いつも犬用のベッドで一緒に寝たり、

セーちゃんが舐めて綺麗にしてあげたりしてるよ♡

IMG_2451

っということで、今回はうちの愉快な動物たちをご紹介しました。

私の人生の大切な存在だからまたちょくちょく出て来ることもあると思うけど、

これから宜しくお願い致します♡

IMG_3025

Well, have a wonderful rest of the week and see you soon!

xo

 

 

 

 

 

 

〜カナダの大自然に包まれて〜vol.11

IMG_3878

こんばんは〜

今日は通常より更新が遅くなってしまってごめんなさい!mezamashi.gif

実は生まれて初めて腱鞘炎になったようで、手首が思うように動かず・・・down.gif

当たり前だと思っている手首の自由も一つ無くなればこんなに不便だなんて、、、

先週末、調子に乗って一人で3時間黙々と畑の雑草抜きをした後に、

仕事でノートパソコンのマウスパッドを長時間使いすぎたのが祟ったのか、、、

とりあえず今週は少しローキーに過ごそぉ〜うん。

 

さてさて、春の終わりから秋にかけては自然が本当に沢山の恵を与えてくれるから、

akanismもその恩恵を出来るだけ長く味わえるようにと保存食作りをするんだけど、

今回は『チョークチェリー』のシロップを作ってみた♡

その名の通り桜属の植物で、夏には可愛いミニ桜のような白い花をつけた後、

こんな風に↓実をつけるよ。 IMG_3765

そしてゆっくりとワインのようなボルドーレッドに熟れていくの・・・

このチョークチェリー、一見熟れ熟れでめちゃくちゃ美味しそうなんだけど、

実はそのまま食べるとまぁ〜それはそれはシブいっ!(これでワインを作る人もいるそう)

だから実際にチェリーを収穫するのは今回が初めてだったんだけど、IMG_3763

なかなかの美味しさに・・・・『あれ??!』

こんなに美味しいならもっと前から作ればよかった〜とちょっと後悔。

さて、まずは摘んできたチェリーを手作業で房から取り除いてバラバラにするよ。IMG_3772

この地味な作業がまたまた楽しい(笑)

で、綺麗になるまで何度か水で洗ったらお鍋に入れる。

チェリーひたひたに水を入れて柔らかくなって割れてくるまで煮る。IMG_3778

柔らかくなったところでマッシャーで優しく潰す。

中に種が入ってるんだけど実はこれには毒があるらしいから種を潰さないようにマッシュする感じ。

で全体に潰れて汁が出たところでそれを細かめのざるで何度か漉す。

この作業がちょっと面倒なんだけど、私はザラザラが気になって4回繰り返したよ。

で、そこへ汁2に対して1の割合でお砂糖を加えてあと15分煮れば出来上がり!IMG_3780

若干の渋さは残るんだけど(というかそれがアクセントなのかな)

恐らく火を通すことによって渋さが減って実本来のフレーバーが増す感じ。

そのままバニラアイスやクレープにかけて食べても美味しいし、

ソーダ水で割ってみたり、カクテルのミキサーにしても面白いかもしれないね。

今回は メノナイトの女性がネットで紹介してたレシピを使ってみたんだけど大満足。IMG_3779

 

そろそろ夏の終わりを感じると共にシャントレル茸のシーズンも終わり、

キノコフィーバーも若干落ち着いたところで、新たな識別本を購入〜IMG_4001

今まで使ってたものは図鑑形式で沢山の種類が載っててとても参考になるんだけど、

キノコの世界新人のakanismには、食べれるキノコの生態系や

そっくり毒キノコの情報なんかがもう少し詳しく載ってるものが欲しかったのね。

作者もキノココミュニティーでは知らない人はいないというギャリー・リンコフ。

朝コーヒーを飲みながらこの本にじっくり目を通すのが最近の楽しみ♡

普段はほぼ一人で熊鈴持参で犬を2匹引き連れて恐々森に入るんだけど、

先週末は友達が遊びにきていてたからキノコバディーが居て楽しかったよ。

いつも森に入っていてふと感じるのは「ここは海の底ですか?」という感覚。

形とか色とか珊瑚やイソギンチャクに似て居たりなんか同じものを感じる不思議。

結局食べれるキノコはほぼ見つからなかったけど、見ているだけで楽しくて、

採ってきたキノコを並べて識別本と睨めっこしながらあれやこれやと調べてみる。

IMG_3972

自分と自然と本があるだけでこれだけ喜びを得られるなら丸もうけ〜な気分(笑)

最後はマニアックなキノコの写真とともにお別れね(興味ない人はスルーしてね笑)

それではまた!

I’ll catch you guys in 2 weeks!

Xo

IMG_3950

IMG_3948

IMG_3944

IMG_3941

IMG_3943

IMG_3938

IMG_3937

IMG_3935

IMG_3916

IMG_3945

 

時にはこういう骨に遭遇して見たり・・・

IMG_3939

〜カナダの大自然に包まれて〜vol.10

I’m home! (ただいま〜!)

IMG_3684

アルバータ州の南西部にあるブラッド居留地のある一角で毎年行われる

『サンダンス』というネイティブアメリカンの儀式に参加するため

10日間程留守にしていて、ちょうど月曜日に帰宅したところだよ。

IMG_3698

普通サンダンスって聞くと『アメリカでやる映画祭?』って言う人が殆どなんだけど、

実はアメリカやカナダの平原インディアンが行う最大の『祈り』の儀礼のこと。

(あまり詳しくは書けないので興味のある方は自分でGoogleしてください。。。)

元々アメリカのラコタ族(スー族)だけが行っていたものを、

ブラックフット族が儀礼を行う資格を与えられて

カナダ側でも行われるようになったそう。

ちなみに私たちがファミリーの一員として迎え入れて頂いているサンダンスは、

今は亡きグランマ(長老)がラコタ族から直接正統に権利を継承して執り行われているよ。

だから儀式で歌う歌は一部を除いてラコタ語のもの。

で、サンダンスがどんな儀式なのかというと・・・

正直なところ、この儀式そのものとそれに関わる人たちの想いが神聖すぎて

言葉で表すのもなかなか難しいんだけど、、、

ネイティブアメリカンの宇宙観である円を象徴とした円形の野外会場で執り行われ、

その中心には「聖なる木」が建てられて、その木に「プレイヤー・タイズ」と呼ばれる

数種類の色の布に煙草と人々の祈りを詰めて

てるてる坊主のようにしたものをそれぞれ縛り付けるよ。

ネイティブインディアンの信仰では

「大自然の全てはクリエーター(大いなる神秘)の元にある」と考えていて、

ピース・パイプ(平和のキセル)で煙草を蒸すことによってクリエーターと会話をし、

自然との調和や平和に対して祈りを捧げるよ。

サンダンサーはすべての人々の祈りを背負って毎日日の出と日の入りのタイミングで

スウェットロッジというサウナのようなドームに入り心身を清めてから、

日の出から日の入りまで4日間絶水絶食で踊り続け、

ピアシングという苦行(自分の身を捧げる)やパイプセレモニーを経て

ひたすら祈りを捧げる儀礼。

IMG_3693

サンダンスは秘儀だから写真やビデオに収めることは一切許されていなくて

何もお見せすることが出来ないんだけど、

唯一カナダのNational Film Boardが正式に部族やソサエティーからの許可を得て

製作された短編ドキュメンタリー『Circle of the Sun』(1960年)があるから

リンクを貼っておくね。(日本から閲覧できればいいけど、、、)

https://www.nfb.ca/film/circle-of-the-sun/

私も3年前に初めてダンサーとして参加して以来、4年間(東西南北の方向に対して)の

コミットメントがあるから今年も参加を予定していたんだけど、

丁度ムーンタイム(月経)のタイミングと重なってしまい今回は参加を断念。

ムーン中の女性はサポーターとしての参加や円形の会場に近寄ることすらも

許されていないから、今回私は儀式最終日以外はほぼ遠く離れた家の中で

できる範囲でお掃除やお料理のお手伝いをすることしかできなかったよ。

何故そんなにムーン中の女性に対してのタブーがあるかというと、

それは女性が生命を育む性だからで、

大いなる神秘であるクリエーターと直接的に繋がることができるためらしい。

ムーン中の女性というのは物凄くパワフルで良くも悪くも他者との霊的な交信力が強く、

例えばダンサーを傷つけてしまったり、自分の中にあるネガティブなもを

ダンサーに移してしまったりとかえって力が強すぎる故、色んなタブーが生じるみたい。

神道信仰のいう「穢れ」とはまた違った捉え方なのかな。

ということで、まだまだこれから何年も何十年もかけて

謙虚に彼らのスピリチュアリティを肌で感じさせて頂ければと思うよ。

地域や部族によってはとても閉鎖的であったり、

とことん様式にこだわったりすることもあるんだけれども、

ブラックフット族は物凄くオープンであり寛容であり人種問わず受け入れてくれて

本当にいつも感謝の気持ちでいっぱい。

また来年自分のコミットメントを果たすべく聖なる木にコミットしてきたから、

またこれから1年間自分と家族と仲間とコミュニティーと世界の平静と調和を願って

過ごしていこうと思うよ。

あまりにも写真がないから、サンダンス前に遊びに行ったパウワウ

(Piikani Nation Pow Wow 2017)から数枚シェアするね。

IMG_3671

IMG_3678

IMG_3655

IMG_3663

IMG_3666

IMG_3669

IMG_3668

6月にうちの近くで行われたパウワウを以前紹介したけど、

ここのパウワウは規模とレベルが違った!

カナダやアメリカのいろんな場所から賞金目当てに沢山のダンサーが集まって

すごい熱気だった!

IMG_3682

 

 

 

 

 

〜カナダの大自然に包まれて〜vol.9

おはようございま〜す♡

今日も思いっきり夏模様のケベックの田舎から最新情報をお伝えします!

先週はシャントレル茸のキノコフィーバーにやられていたakanismだったけど、

あの後ちょっと落ち着いたな〜〜と思った矢先にまた纏まった雨が降って、

「・・・ん?!!・・・!!シャンティが来てる!!」とまたまた森に繰り出してみたら

これまたアタリ連発で・・・up.gifup.gifup.gifkinoko02.gifkao-a08.gifkinoko03.gifkao-a18.gif 相方とギャーギャー言いながら収穫(笑)

IMG_3412

今回も新鮮なものは嗜む程度にお料理に使ってから、

残りは瓶詰め(ピクリング)と冷凍用にバターとセージでソテーにしてみたよ。

IMG_3506

IMG_3521

IMG_3513

これで今まで3つの保存方法を試してみたけど、

IMG_3256

akanism的にはシャントレル茸はピクリングが一番向いてるんじゃないかなと思った。

IMG_3515

色も形もテクスチャーも取り立ての状態に一番近い感じかな〜と。

最低でも2週間くらい置いてから食べたらいいらしくて味見はまだ。

小さい便だけどぎゅうぎゅうに詰めてあるから結構な量が入ってるし、

どうせなら秋の感謝祭か何かで人が集まるときにでも開けてみようかな。

いいアンティパストになりそう。ん〜白ワインと・・・いいね・・・rose03.gif

ではキノコの話はここまでね。

先週話そうと思ってたのは釣りの話だったの!

IMG_3122

実は7月がakanismの33回目のお誕生日だったんだけど、

ちょうどいい機会だと思って生まれて初めて釣り道具を買ってみた♡

昔から海好きな父に連れられて日本ではよく海釣りなんかはしてたんだけど

湖での釣りってあまり慣れてなくてkao17.gif

私の行動範囲だと釣れてもせいぜいブラックバス、パーチ、パイクというところ。

川の河口付近とかだったらトラウトとかいるんじゃないかな。

生きてるワーム使ったり、ゴムのワーム使ったり、ルアー2個程買ってみたりしたけど、

やっぱり地味に生きてるワームが一番ヒットみたいね(笑)

IMG_3110 2

2週間前にトロントから友達が来ててボートを出して大物狙いに湖へ繰り出したんだけど

結果akanismは見事にボウズ。

一応サンフィッシュは釣れたんだけどいらねーってことでリリースicon_lol.gif

バスも何度か食いついて来たんだけど、来た瞬間に嬉しくてテンション上がりまくり

結局フックできないままバレてしまうというど素人丸出しな感じ(苦笑)

でも友達は今まで一番くらいの大きさのブラックバスゲット〜te02.gif

IMG_3111

『よし!これで今夜の夕食ゲットだー!』っていいながら生け簀で生かして置いたのに、

後で聞いて見たら釣った本人も誰も捌き方よくわからないものだから、

うちの相方が仕方なくYoutubeのビデオ見ながら捌いてみる。

IMG_3099 2

友達の子供にスマートフォン持たせてそれ見ながらあれやこれややってると

その子供が『おえ〜きもーい〜オーマイガー』の連発(笑)

「生き物を頂くというのはこういうことなんだよ!」とちゃっかし説教。

とりあえず内臓が出てこないように上手いこと切り身にできたから、

失敗しない日清の天ぷら粉ミックスで揚げて味ぽんつけて頂きました。

IMG_3106

これ以上ないくらいに新鮮でみんな大人5人で丁度いい量だったんだけど、

実は私・・・淡水魚が苦手・・・?!

すごく美味しいんだけど、なんか独特な匂いがめちゃくちゃ気になって・・・

海のお魚に慣れているakanismには際立つあの鼻の奥に漂う感じ。

まあでもこれは慣れしかないですな!贅沢言ってる場合じゃないし。

新鮮な魚が食べられるってことだけでもありがたく思わないとね。

キノコで忙しくしてるんだけど、実はベリーも収穫真っ盛りで猫の手も借りたいよ!

IMG_3274

今はブルーベリーとラズベリーがガンガン来てて、

特にラズベリーはさっさと取らないとどんどん地面に落ちてしまうから、

IMG_3416

最近は夕食後の散歩がてら容器を持って行ってせっせと収穫中。

IMG_3533

IMG_3536

うちではベリー類は基本すぐに食べるか保存用にジャムにするよ。

IMG_3540

冷凍もするんだけど、長いこと経つと結局冷凍焼けしちゃって美味しくなくてね〜。

それにしても自然の恵みって本当にそうで、実際よくよく調べて周りを見渡してみると

本当に食べれるものが沢山あって今更ながら生かされてるんだってことを

再認識している今日この頃です。

今週末から原住民のファミリーを訪ねて、また大切な儀式があるからアルバータ州南部の

ブラックフット族の居留地に9日ほどステイしてくるよ。

帰ってくるタイミングで次の更新になるからまたいつもとは違った内容をお伝えします!

Have a wonderful week ahead guys!

xoxo