2017 6月|彩花苑
夢ブログ

月別アーカイブ: 2017年6月

笹だんご・土用餅

梅雨に入りましたね そのわりに雨があまり降らないから逆に心配になります

笹だんご

まわりは柔らかい団子に中にはずんだ餡

夏らしい一品になっています

20170609笹だんご③

 

土用餅

柔らかいお餅をこしあんでお包みしました

今年は一段と餡子がおいしいです

何個でも食べれそうです

土用餅

〜カナダの大自然に包まれて〜vol.6

カナダの田舎から愛を込めて・・・

This is just for you♡

IMG_2794

見てこの可愛いフラワーたちを!

あちらこちらで色とりどりの野花が沢山咲いていて

是非あなたにも届けようと思ってさっきお散歩しながら摘んできた!

この前まで小さな花をつけていたブルーベリーも段々と実になってきてる♪

IMG_2785

犬もお花畑をすり抜けるように走り回って楽しそう。

FullSizeRender 2

 

この時期は私たちのミツバチにとっても「フロー(Flow)シーズン」と言って

花蜜や花粉が沢山取れる繁忙期だから、毎日みんなせっせと働いてるよ。

蜂箱の中では女王蜂もせっせと働き蜂(メス)の卵を産んでいるところだから

蜂の数もこれからぐっと増えていくよ。

IMG_2279

うちは趣味で養蜂を始めて3年目の冬を越したところなんだけど、

豪雪地帯で寒さが厳しくて冬が長すぎるこの地域では

毎年必ず何割かのコロニーは寒さや何らかの外的要因で越冬できずに死んでしまうよ。

IMG_2780

因みに去年の秋の終わりに8箱あったコロニーで今年越冬できたのは5箱だけ。

だから毎年冬支度までにどれだけ沢山のコロニーを確立できるかで

越冬できる数が大体決まるんだよね。

ということでうちの相方(別名:蜂おたく)は蜂に勢いのあるこの時期に

コロニーを増やすのにとにかく必死。(我が家のバイブル↓)

FullSizeRender 2

今年も春一番から毎日砂糖水を沢山あげて蜂さんに元気をつけてもらってから

無事に越冬できた5箱を10箱にスプリット(分けて)して、

スプリットした新しい5箱はそれぞれ新しい女王蜂を作り出したよ。

IMG_2283

そして次はその10箱を手取り早く14箱に増やそうってことで

各巣箱から卵の着いたフレームを取り出して新しい箱に移し、

女王蜂は他の養蜂場から買ってきたものを入れる方法をトライ。

近郊の養蜂場から女王蜂を4匹オーダーしたんだけど、

どうやら手違いがあったようで、

結局なんとアメリカ・カリフォルニア州から

はるばる郵送で送られてきた女王様たち(笑)

IMG_2658

きちんと女王様のお世話係にそれぞれ働き蜂が数匹同行。

喉が渇いているかと思って水を含ませたティッシュを置いてみる。

IMG_2659

早くここから出せ!と言わんばかりのお怒りぶりで

「わーわーわー!」と声を出してた!(←パイピングっていうらしい)

初めて聞いたからちょっとびっくりしたよ。インスタにビデオ掲載!

ということで、この後すぐにそれぞれの箱に入れて一件落着かと思いきや、

4匹の女王蜂のうちの1匹はコロニーにうまいこと受け入れてもらえなくて

残念ながらやられてしまったよ、、、

これは恐らく相方の人為的ミスというか知識不足から起こったことが原因。

相当ショックな様子だったけど、まあこうやって失敗もしながら学んでいくのかなと。

相手は自然だからやはり思った通りにはいかないのが常だし、謙虚にいかなきゃ。

ということで今は13箱で頑張ってます!

いつになったらハチミツが収穫できるのやら・・・

 

ところで、「ねえさん、事件です。」(←あの某昔のドラマのこれわかるかな?笑)

先週末にコンタクトレンズを入れ忘れたまま犬の散歩に出かけた私。

5メートルくらい先を行く犬たちがなんか石の様な塊をクンクン匂ってるな〜と。

あれ?でもあれなんか動いてないか?!!

と思って目を凝らして見てみると・・・

石じゃなくて『カミツキガメ』。

IMG_2777

この時期は産卵時期だから陸で見かけるのは珍しいことじゃないんだけど、

昼間っからでかいのがウロウロしてるんだなぁ〜と思った瞬間・・・

甲羅から長い頭が飛んで出てきてSNAAAAAAAP!!

もーちゃん(犬)もびっくりしてJUUUUUUUUUMP!!

遠くで見てる私も叫ぶNOOOOOOOOOOOO!!

が、時すでに遅し。

・・・・・

はい、やられました。

その名のごとくカミツキガメに鼻噛みつかれた!

近くでモーちゃん見て見たら、鼻ぱっくり切れて流血〜

多分産卵途中だったカメさんにちょっかい出したから〜もぉ〜(怒)

お家に帰って一応消毒して化膿止めは塗っといたけど

FullSizeRender 4

ぺろぺろぺろぺろして本人はどこ吹く風(笑)

ちなみに何年か前に見たカミツキガメは今回のこれの3倍くらいの大きさ。↓

10390397_10152502237260365_3363751527735213336_n

多分甲羅だけで40センチ以上あった様な、、、

これはさすがに怖かったよ〜恐竜かと思った!

まあ自然と生きるってこんなもんなんだね、、、

お互いにリスペクトしながらいい距離を保って

共存できればそれでいいじゃないかと思っている今日この頃。

また次回もケベックの田舎より色々な珍情報お届けします♡

 

 

6月16日は和菓子の日

6月16日は和菓子の日 1+6で7個和菓子を食べる日です

平安時代初期、嘉祥元年(848)に、仁明天皇が神託(神のお告げ)にもとづいて陰暦6月16日 に十六の数にちなんだ菓子を神前に供え、疫病除けを祈ったと伝えられています。

この嘉祥の儀はそ の後、室町~江戸時代に民間に浸透し、十六にちなんだお菓子や餅を食べることにより、健康・幸福 を招き、災いを払う習慣として伝えられたそうです。

彩花苑焼き菓子7個入り焼き菓子セット

和菓子の日焼き菓子セット

 

生菓子7個入りおすすめ商品

和菓子の日生菓子セット

和菓子を7個食べて健康祈願にいかがでしょうか?

生菓子でも焼き菓子でも和菓子なら何でも良いとされています。

新商品 白桃水ようかん

朝晩涼しく過ごしやすい季節ですね

道端にはあじさいが咲きならんでいて、白や青のあじさいが満開で綺麗ですね

 

新商品 白桃水ようかん

瑞々しい、食感も、白桃味の濃さも絶品、スタッフおすすめ商品です

白桃水ようかん

 

水ようかん

青紅葉を寒天で固め、下は水ようかん

見た目も、かわいくて涼しげ、食べてもおいしい。

20170609こし水ようかん

 

 

今年もお待たせしました

アイス最中はじまりました

(ミルク、抹茶、バニラ、あずき)4種類のお味をご用意しています

6個アイス最中ご購入でお一つプレゼントになります。

アイスもなか

 

6月セール日は23日(金)、24日(土)です

お楽しみにお待ちくださいませ。

 

 

〜カナダの大自然に包まれて〜vol.5

こんにちはkinoko02.gif

今回も正にLUSH(ラッシュ)という単語で表現するのがぴったりなくらい

青々しくみずみずし〜い新緑に覆われたケベックの田舎から

akanismがカナダの田舎生活情報を中心にお伝えします!

IMG_2579

今年は例年に増して森が青々としているんだけど

実はここ2週間程雨が降ったり止んだりの繰り返しで

こんなに降って大丈夫か?!と思ってしまう程。

1ヶ月前の洪水以来、湖の水位も殆ど下がってないしね、、、

IMG_2578

でも草木はぐんぐんと育っていて、

ブルーベリーの花もちらほらと咲き始めてるよ。

こんなに雨が多いと今年は豊作になりそうな予感・・・♡

IMG_2484

 

さて前回のブログで紹介したゼンマイだけど

エビや他の野菜と一緒にバターで炒めてから

レモン汁と塩コショウだけで味付けしてパスタにしてみたよ。

IMG_2491

想像した通〜り〜の普通の味だったけど(笑)なかなか美味しかった!

 

話は変わって、、、

 

実は先週末から丁度今日まで

日本から私を訪ねて幼馴染が遊びに来てたの〜

本当に短い滞在だったけど少しモントリオールを観光したり

うちでゆっくり自然を味わってもらったり

有意義な時間を過ごせてもらえたようで良かった♡

やっぱり持つべきものは友!だね。

 

残念ながらお天気には恵まれなかったけど

モントリオールでは有名なノートルダム大聖堂に行ったり

IMG_2601

IMG_2604

ショッピングで有名なセントカトリーヌストリートでお買い物を存分に楽しんでもらったり

美味しいクレープ屋さんで超巨大なクレープをがっついたりと

楽しい旅行になったよ。

 

あともう一つこれはホントに

純粋なカナダを体験してもらえたなぁ〜とすっごく嬉しかったのが

先住民の人たちのパウワウ(ダンスのお祭り)を生で見る機会があったこと。

IMG_2633

akanismが住んでいる場所から車で20分ほど北上したところに

アルゴンキン族に属するキティガン・ズィビ アニシナべという

先住民の人たちの居留地があるんだけど

そこで毎年行われるこのお祭りにタイミングよく参加できたよ。

 

アーバーと呼ばれる円形のあずまやの様な場所の真ん中で演奏される太鼓と歌に合わせて

老若男女がそれぞれゴージャスな衣装を身にまとって

自然や動物を表現した踊りを披露するよ。

衣装の美しさと踊りの激しさもさることながら

地面を伝って足の裏から感じられるドラム(太鼓)と

頭のてっぺんから突き刺さるかの様な魂の叫びのごとく特有の歌い声が

地球と人々の鼓動が一体になった様な気がして

私はいつも涙が出そうになるよ。

IMG_2631

カナダは建国の歴史においてヨーロッパ人による原住民族に対する執拗な迫害と

同化政策が行われたんだけど(これは話すとものすごく長くなるからまた別の機会に書くね)

そのトラウマなどが原因でカナダでは今日でも根強い社会問題が沢山残っていて、

日常的な差別から居留地での自殺、誘拐、レイプ、アルコールやドラッグの依存、

家庭内暴力、殺人など負のサイクルが絶えずに

深刻な問題となっているというカナダの裏の現実。

普段はそれぞれのコミュニティーや家庭で問題を抱えている人たちも

パウワウなどのお祭りや文化的儀式の際には

分け隔てなくみんな一つになって心から躍動する。

 

2008年に前ハーパー政権によって

Truth and Reconciliation Commission(真実和解委員会)というのが

やっと設立されて、

これは似た様な歴史を持つ国々でも設立されているんだけど

要するに、

かつて人々の命や自由などに対する

深刻な人権侵害が生じた過去の歴史を抱える国が

そういった過去の過ちを発見し公表することで

人々の間に過去から積み重なった軋轢を解決していくことを目的とする

政府主導の委員会。

ちなみにこれは南アフリカのアパルトヘイト(人種隔離政策)が

なくなった後にも設立されたよ。

 

まだまだカナダはスタートラインに立ったばかりで

これからも何十年も何百年もかけて

先住民の人たちの心と身体と魂のヒーリングが必要な問題。

akanismは日本人だから関係ないのではなくて

今カナダという土地で生きさせてもらっているいちカナダ移民として

きちんと過去の事実を知り、

一人一人がきちんと責任を持って向き合っていかなければいけない問題である

と感じてるよ。

 

もし興味のある人は是非一度調べてみてね。

 

ということで最後は少し真面目な話になっちゃったけど

すごく大切なカナダの歴史だからね。

またちょくちょくとこの様な歴史ネタも入れていきまーす!

Have a wonderful day!