和菓子の彩花苑では赤飯やお餅には腰と粘り気のある美味しい九州・佐賀餅米100%使用。
暮らしのあらゆるシーンでご利用いただける慶弔菓子をお届けします。
また当店では慶弔菓子の特別注文を承っております。
メールかお電話にてお問い合わせ下さい。
※ご注文は一週間日前までにお願い致します。

慶弔菓子

御祝菓子のご紹介

御祝菓子のご利用シーン

結婚の祝い事

  • ・結納
  • ・結婚式
  • ・挨拶廻り

子供の祝い事

  • ・出産
  • ・お宮参り
  • ・初節句
  • ・七五三
  • ・入園
  • ・入学
  • ・卒業
  • ・就職

人生の祝い事

  • ・成人式
  • ・結婚記念日
  • ・長寿
  • ・誕生日
  • ・厄除け
  • ・受賞記念
  • ・就任

通年の祝い事

  • ・鎮祭上棟式
  • ・新築
  • ・開店
  • ・開業
  • ・竣工
  • ・落成
  • ・創立
  • ・創業記念

誕生祝餅(一升餅、一生餅、背負餅、背負い餅、踏み餅)

誕生餅は、満一歳のお誕生日をお祝いするお餅で、1歳まで無事に成長したことをお祝いすると同時に、これからも健やかに育つことを祈る伝統行事です。
全国的には、誕生餅、一升餅、一生餅、祝い餅、ころばせもち、力餅、または踏み餅(ふみもち)、立ち餅、など様々に呼ばれるようですが、静岡市周辺では背負い餅(しょいもち)と呼ばれることが多いようです。

一般的なお祝いの仕方

一升餅を風呂敷で包み、子供の背中に背負わせます。
1歳の子供ですから、お餅を背負って歩くことは少なく、背負って這い這いするのが普通です。また、背負ったまま動けなかったりすることも多いようです。
一升もち(誕生餅)はそれだけで約2kgありますから、まだ立てなかったり、ようやく立って歩けるようになったばかりの1歳の子供には重過ぎることでしょう。

風呂敷で背負わせる時には、首には掛けないで肩から反対側の脇に掛けて背負わせます。

誕生餅は、一升餅(いっしょうもち)と呼ばれますが、一生餅(いっしょうもち)と呼ばれることもあります。人の一生(いっしょうとお米の一升(いっしょう)とを掛詞にしているようです。一升で大きな丸餅ひとつにするのが一般的ですが、地域や、家庭によっては、紅白の丸餅を使う事もあります。

御祝菓子の種類

keicho_img_002

御誕生餅

鏡餅

keicho_img_004

薯蕷饅頭(じょうよまんじゅう)

御祝菓子のご購入はこちらから

彩花苑の薯蕷饅頭(じょうよまんじゅう)

わたくしどもの「紅白薯蕷饅頭(じょうよまんじゅう)は、阪神間の多くの学校・幼稚園で、ご卒業・ご入学の記念としてご利用いただき大好評をいただいております。
職人が心を込めて作りあげた薯蕷饅頭で、皆様の記念日をより印象深いものにしていただけることと思います。

平成23年度納入実績

■本店にてお納め
■西宮店にてお納め
■逆瀬川店にてお納め
■富松店にてお納め
・立花愛の園幼稚園様
・梅花東幼稚園様
・園田幼稚園様
・近松幼稚園様
・くるみ保育園様
・久々知おもと保育園様

・水堂小学校様
・大島小学校様
・梅香小学校様
・北難波小学校様
・潮小学校様
・名和小学校様
・清和小学校様
・塚本小学校様

・中央中学校様
・日新中学校様
・大成中学校様
・園田東中学校様

・尼崎産業高等学校様
・尼崎小田高等学校様
・市立尼崎高等学校様
・小松幼稚園様
・鳴尾北幼稚園様
・鳴尾東幼稚園様
・上ヶ原幼稚園様

・今津小学校様
・小松小学校様
・春風小学校様
・津門小学校様
・瓦林小学校様
・安井小学校様
・鳴尾東小学校様
・高須小学校様
・尼崎市立西小学校様
・高木小学校様

・西宮浜中学校様
・浜甲子園中学校様
・鳴尾南中学校様
・甲武中学校様

・兵庫県立西宮今津高等学校様
・逆瀬川幼稚園様
・仁川幼稚園様

・仁川学院小学校様
・西山小学校様
・末広小学校様
・宝塚第一小学校様

・仁川学院中等部様
・西谷中学校様
・鳴尾南中学校様
・甲武中学校様

・仁川学院高等部
・宝塚西高等学校様
・宝塚北高等学校様
・尼崎北小学校様
・立花北小学校様
・武庫南小学校様

・塚口中学校様
・常陽中学校様
・武庫東中学校様

仏事用菓子のご紹介

四十九日の法要とは、亡くなった日から四十九日、つまり、七回目の法要を行う日のことで、忌明(きあけ)といわれ精進落しをします。精進落しとはこの日以降は肉、魚を食べることが許され通常の生活に戻ることですが、一般的には食事制限などは特に行いません。

さらに忌明けとは、四十九日まで死者の魂は家から離れずにいるとされ、この四十九日に薬師如来から薬を賜り、現世の浮上を落としあの世へ旅立つとされています。忌みが終わる(明ける)日ということで、忌明けと言います。

そして、その法要の際に出てくる御餅が、「笠餅」。
地域独特の風習でもありますが、興味深かったのでご紹介します。
49個の御餅に平べったい笠が乗ったもので、お経が終わり次第お坊さんに切ってもらいます。

切り方は笠の部分をバラバラに切り、簡単な人型に並べます。
その後、それぞれ体の調子が悪い部分の御餅を持って帰り食べたり、お守り代わりに乾燥させてから身に付けたりします。

仏事用菓子の種類

keicho_img_006

お飾り餅

keicho_img_007

白蒸し

keicho_img_008

笠餅

keicho_img_009

薯蕷饅頭(じょうよまんじゅう)

仏事用菓子のご購入はこちらから

慶弔菓子の特別注文を承ります

彩花苑では、慶弔菓子の特別注文を承っております。
まずはメールかお電話にてお問い合わせ下さい。
ご注文は一週間日前までにお願い致します。

メールでのお問い合わせはこちら