和菓子の命は「あん」に有り

どこの和菓子店も売り文句として「手造り、こだわり、厳選した材料」などをアピールしていますが、それぞれに味の違いが出るのでしょうか?

時々「彩花苑さんの和菓子は一味違う」というお言葉をお客様から頂戴いたします。
これは「餡=あん」の違いによるもの。
和菓子の命は「あん」にあると私たちは信じています。

和菓子屋にとって製餡(あんを小豆から製造すること)は一番重要な仕事です。
しかし、時代の流れで自店で製餡する店はごく少なくなりました。

自家製あんは豆の選定から煮方までこだわることができます。
それにより画一的な味になりがちな製あん業者のあんよりも自店の技術を生かした風味や色、味わいを表現することが出来ます。

手間暇がかかる自家製あんですが、お客様にご満足いただける和菓子づくりのために、当店では自家製あんにこだわり続けてまいります。

和菓子の命は「あん」に有り

皮を取り除いた後、水で晒してアクを抜き、余計な水分を取りのぞいた小豆

和菓子の命は「あん」に有り

食べた時にみずみずしさを感じるよう、ゆっくり炊きつめ、あんの粒子を糖分で包み込みます。

「手間を工夫を惜しまない」というこだわり

「あん」が和菓子の味を決める一番の要因ですが、それを生み出すのはやはり和菓子職人。 職人が手間を惜しまず、丁寧に作ることが和菓子の味を左右します。

材料なども、当店では出来合いのものも極力使用せず、可能な限り国内産の上質なもの、安定して供給を受けられるものを厳選。店で加工出来るものは手間を惜しまず自家製造しています。

夢どらのしっとりとした生地も然り。 大量生産できる機械に頼ることなく、その日の温度・湿度を見計らいながら、ベストな風味と柔らかさに仕上がるよう毎朝1枚1枚丁寧に手焼きしています。

また、女性に人気の「とらやき」。 その独特の縞模様は、生地を更紙の上で焼くという発想から生まれました。 紙と生地との間に発生した水蒸気を上手に利用する職人の知恵と工夫が生かされた商品です。

「手間を工夫を惜しまない」というこだわり

この道40年以上の職人が毎朝1枚1枚、真心込めて焼いております。

「手間を工夫を惜しまない」というこだわり

紙と水蒸気を上手く活用した「とらやき」。甘さ控えめのあっさりしたどら焼きです。

地域に根ざしたお菓子づくり

彩花苑では、登録商標商品「近松物語」や「名月姫」など地元兵庫県尼崎市の歴史にちなんだ和菓子を販売。
上質なこだわりお菓子を手頃な価格でご提供し、地域の皆様に末永く愛される和菓子店となるよう心がけております。

また地域との触れ合いを大切にしており、祭事や地域のイベントも積極的に参加。
時には地元の製菓学校へ和菓子作りの楽しさを教えに行かせていただいたりしています。

地域に根ざしたお菓子づくり

製菓学校で教える彩花苑のベテラン職人、田北です!

地域に根ざしたお菓子づくり

微妙な生地の硬さを確かめている生徒さん・・・・わかるかな~

地域に根ざしたお菓子づくり

真剣に製作に取り組む生徒さんたち