6月30日は水無月を食べる日|彩花苑
夢ブログ

6月30日は水無月を食べる日

このエントリーをはてなブックマークに追加
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
LINEで送る

6月30日は水無月を食べる日

20190608水無月①

京都では夏越しの祓(630)の際、「水無月」という和菓子を食べる習慣があります。
「水無月」とは白の外郎(ういろう)の上に小豆をのせて、三角形に切った和菓子です。

一般の人が氷を手に入れることができなかった時代に、氷に見立てて作ったもので、それを食べて涼しい気持ちなり、暑気払いをしていたと言われています。また、小豆には邪気祓いの力があるとされているため、食べることで、残りの半年を健康に過ごせると伝えられています。