夢ブログ|彩花苑

夢ブログ

〜カナダの大自然に包まれて〜vol.10

I’m home! (ただいま〜!)

IMG_3684

アルバータ州の南西部にあるブラッド居留地のある一角で毎年行われる

『サンダンス』というネイティブアメリカンの儀式に参加するため

10日間程留守にしていて、ちょうど月曜日に帰宅したところだよ。

IMG_3698

普通サンダンスって聞くと『アメリカでやる映画祭?』って言う人が殆どなんだけど、

実はアメリカやカナダの平原インディアンが行う最大の『祈り』の儀礼のこと。

(あまり詳しくは書けないので興味のある方は自分でGoogleしてください。。。)

元々アメリカのラコタ族(スー族)だけが行っていたものを、

ブラックフット族が儀礼を行う資格を与えられて

カナダ側でも行われるようになったそう。

ちなみに私たちがファミリーの一員として迎え入れて頂いているサンダンスは、

今は亡きグランマ(長老)がラコタ族から直接正統に権利を継承して執り行われているよ。

だから儀式で歌う歌は一部を除いてラコタ語のもの。

で、サンダンスがどんな儀式なのかというと・・・

正直なところ、この儀式そのものとそれに関わる人たちの想いが神聖すぎて

言葉で表すのもなかなか難しいんだけど、、、

ネイティブアメリカンの宇宙観である円を象徴とした円形の野外会場で執り行われ、

その中心には「聖なる木」が建てられて、その木に「プレイヤー・タイズ」と呼ばれる

数種類の色の布に煙草と人々の祈りを詰めて

てるてる坊主のようにしたものをそれぞれ縛り付けるよ。

ネイティブインディアンの信仰では

「大自然の全てはクリエーター(大いなる神秘)の元にある」と考えていて、

ピース・パイプ(平和のキセル)で煙草を蒸すことによってクリエーターと会話をし、

自然との調和や平和に対して祈りを捧げるよ。

サンダンサーはすべての人々の祈りを背負って毎日日の出と日の入りのタイミングで

スウェットロッジというサウナのようなドームに入り心身を清めてから、

日の出から日の入りまで4日間絶水絶食で踊り続け、

ピアシングという苦行(自分の身を捧げる)やパイプセレモニーを経て

ひたすら祈りを捧げる儀礼。

IMG_3693

サンダンスは秘儀だから写真やビデオに収めることは一切許されていなくて

何もお見せすることが出来ないんだけど、

唯一カナダのNational Film Boardが正式に部族やソサエティーからの許可を得て

製作された短編ドキュメンタリー『Circle of the Sun』(1960年)があるから

リンクを貼っておくね。(日本から閲覧できればいいけど、、、)

https://www.nfb.ca/film/circle-of-the-sun/

私も3年前に初めてダンサーとして参加して以来、4年間(東西南北の方向に対して)の

コミットメントがあるから今年も参加を予定していたんだけど、

丁度ムーンタイム(月経)のタイミングと重なってしまい今回は参加を断念。

ムーン中の女性はサポーターとしての参加や円形の会場に近寄ることすらも

許されていないから、今回私は儀式最終日以外はほぼ遠く離れた家の中で

できる範囲でお掃除やお料理のお手伝いをすることしかできなかったよ。

何故そんなにムーン中の女性に対してのタブーがあるかというと、

それは女性が生命を育む性だからで、

大いなる神秘であるクリエーターと直接的に繋がることができるためらしい。

ムーン中の女性というのは物凄くパワフルで良くも悪くも他者との霊的な交信力が強く、

例えばダンサーを傷つけてしまったり、自分の中にあるネガティブなもを

ダンサーに移してしまったりとかえって力が強すぎる故、色んなタブーが生じるみたい。

神道信仰のいう「穢れ」とはまた違った捉え方なのかな。

ということで、まだまだこれから何年も何十年もかけて

謙虚に彼らのスピリチュアリティを肌で感じさせて頂ければと思うよ。

地域や部族によってはとても閉鎖的であったり、

とことん様式にこだわったりすることもあるんだけれども、

ブラックフット族は物凄くオープンであり寛容であり人種問わず受け入れてくれて

本当にいつも感謝の気持ちでいっぱい。

また来年自分のコミットメントを果たすべく聖なる木にコミットしてきたから、

またこれから1年間自分と家族と仲間とコミュニティーと世界の平静と調和を願って

過ごしていこうと思うよ。

あまりにも写真がないから、サンダンス前に遊びに行ったパウワウ

(Piikani Nation Pow Wow 2017)から数枚シェアするね。

IMG_3671

IMG_3678

IMG_3655

IMG_3663

IMG_3666

IMG_3669

IMG_3668

6月にうちの近くで行われたパウワウを以前紹介したけど、

ここのパウワウは規模とレベルが違った!

カナダやアメリカのいろんな場所から賞金目当てに沢山のダンサーが集まって

すごい熱気だった!

IMG_3682

 

 

 

 

 

〜カナダの大自然に包まれて〜vol.9

おはようございま〜す♡

今日も思いっきり夏模様のケベックの田舎から最新情報をお伝えします!

先週はシャントレル茸のキノコフィーバーにやられていたakanismだったけど、

あの後ちょっと落ち着いたな〜〜と思った矢先にまた纏まった雨が降って、

「・・・ん?!!・・・!!シャンティが来てる!!」とまたまた森に繰り出してみたら

これまたアタリ連発で・・・up.gifup.gifup.gifkinoko02.gifkao-a08.gifkinoko03.gifkao-a18.gif 相方とギャーギャー言いながら収穫(笑)

IMG_3412

今回も新鮮なものは嗜む程度にお料理に使ってから、

残りは瓶詰め(ピクリング)と冷凍用にバターとセージでソテーにしてみたよ。

IMG_3506

IMG_3521

IMG_3513

これで今まで3つの保存方法を試してみたけど、

IMG_3256

akanism的にはシャントレル茸はピクリングが一番向いてるんじゃないかなと思った。

IMG_3515

色も形もテクスチャーも取り立ての状態に一番近い感じかな〜と。

最低でも2週間くらい置いてから食べたらいいらしくて味見はまだ。

小さい便だけどぎゅうぎゅうに詰めてあるから結構な量が入ってるし、

どうせなら秋の感謝祭か何かで人が集まるときにでも開けてみようかな。

いいアンティパストになりそう。ん〜白ワインと・・・いいね・・・rose03.gif

ではキノコの話はここまでね。

先週話そうと思ってたのは釣りの話だったの!

IMG_3122

実は7月がakanismの33回目のお誕生日だったんだけど、

ちょうどいい機会だと思って生まれて初めて釣り道具を買ってみた♡

昔から海好きな父に連れられて日本ではよく海釣りなんかはしてたんだけど

湖での釣りってあまり慣れてなくてkao17.gif

私の行動範囲だと釣れてもせいぜいブラックバス、パーチ、パイクというところ。

川の河口付近とかだったらトラウトとかいるんじゃないかな。

生きてるワーム使ったり、ゴムのワーム使ったり、ルアー2個程買ってみたりしたけど、

やっぱり地味に生きてるワームが一番ヒットみたいね(笑)

IMG_3110 2

2週間前にトロントから友達が来ててボートを出して大物狙いに湖へ繰り出したんだけど

結果akanismは見事にボウズ。

一応サンフィッシュは釣れたんだけどいらねーってことでリリースicon_lol.gif

バスも何度か食いついて来たんだけど、来た瞬間に嬉しくてテンション上がりまくり

結局フックできないままバレてしまうというど素人丸出しな感じ(苦笑)

でも友達は今まで一番くらいの大きさのブラックバスゲット〜te02.gif

IMG_3111

『よし!これで今夜の夕食ゲットだー!』っていいながら生け簀で生かして置いたのに、

後で聞いて見たら釣った本人も誰も捌き方よくわからないものだから、

うちの相方が仕方なくYoutubeのビデオ見ながら捌いてみる。

IMG_3099 2

友達の子供にスマートフォン持たせてそれ見ながらあれやこれややってると

その子供が『おえ〜きもーい〜オーマイガー』の連発(笑)

「生き物を頂くというのはこういうことなんだよ!」とちゃっかし説教。

とりあえず内臓が出てこないように上手いこと切り身にできたから、

失敗しない日清の天ぷら粉ミックスで揚げて味ぽんつけて頂きました。

IMG_3106

これ以上ないくらいに新鮮でみんな大人5人で丁度いい量だったんだけど、

実は私・・・淡水魚が苦手・・・?!

すごく美味しいんだけど、なんか独特な匂いがめちゃくちゃ気になって・・・

海のお魚に慣れているakanismには際立つあの鼻の奥に漂う感じ。

まあでもこれは慣れしかないですな!贅沢言ってる場合じゃないし。

新鮮な魚が食べられるってことだけでもありがたく思わないとね。

キノコで忙しくしてるんだけど、実はベリーも収穫真っ盛りで猫の手も借りたいよ!

IMG_3274

今はブルーベリーとラズベリーがガンガン来てて、

特にラズベリーはさっさと取らないとどんどん地面に落ちてしまうから、

IMG_3416

最近は夕食後の散歩がてら容器を持って行ってせっせと収穫中。

IMG_3533

IMG_3536

うちではベリー類は基本すぐに食べるか保存用にジャムにするよ。

IMG_3540

冷凍もするんだけど、長いこと経つと結局冷凍焼けしちゃって美味しくなくてね〜。

それにしても自然の恵みって本当にそうで、実際よくよく調べて周りを見渡してみると

本当に食べれるものが沢山あって今更ながら生かされてるんだってことを

再認識している今日この頃です。

今週末から原住民のファミリーを訪ねて、また大切な儀式があるからアルバータ州南部の

ブラックフット族の居留地に9日ほどステイしてくるよ。

帰ってくるタイミングで次の更新になるからまたいつもとは違った内容をお伝えします!

Have a wonderful week ahead guys!

xoxo

 

 

おはぎ始まりました

お盆の準備におはぎをお供えします。

おはぎを供える理由として、「小豆の赤い色は邪気を払う」「お餅は五穀豊穣に通じる」などが挙げられます。

彩花苑のおはぎ

粒あんのおはぎ

きなこのおはぎ・・・粒あんが入っています

風味豊かなふわふわの柔らかいおはぎです

 

おはぎ2

7月28日(金)29日(土)セール対象商品にもなっています。

とまと大福

 新商品 期間限定 とまと大福始まりました

みずみずしいとまとと白あんをお餅でお包みしました

プチっジュわーな新食感!

夏の大福って感じがします、ほんとあっさりなんです

とまと大福2

パッケージも一つ一つケースに入っていますのでお土産にも最適ですよ

4個入りはお箱にお入れしています。

とまと大福

今月のセール日は7月28日(金)29日(土)です

とまと大福もセール商品の対象になっています

是非お味見にいかがでしょうか?

7月25日は土用の日 落雁始まりました

7月25日は土用の日

お餅は力餅、小豆は厄除けに通じるため、土用餅を食べると、暑さに負けず無病息災で過ごせるといわれています。

土用餅

柔らかいお餅をおいしい餡子でお包みしています。

夏バテ防止に土用餅はいかがでしょうか?

土用餅_2L

 

土用うなセット

びっくりするほどのうなぎ上生菓子です

土用うなセット_A4

 

お盆にはたくさんの種類のご馳走が供えられたり、
落雁や果物が供えられます。百味飲食、美味しい食べ物。中でも甘いものが良かったそうで、砂糖菓子の落雁が供えられるようになったみたいです。

蓮の形  他にも、お供え用の落雁といえば
蓮の花の形がポピュラーです。蓮の花は極楽浄土の象徴的な花で、
格上・最上の花であることからお供えに用いられるんです。

彩花苑の落雁

自家製落雁 一つ一つ丁寧にお作りしています

 

落雁

 

〜カナダの大自然に包まれて〜vol.8

Hi guys!

今週も夏真っ盛りのケベックの田舎から最新情報をお伝えしま〜す!

今日はもう少し早く更新する予定だったんだけど、

ナント只今 kinoko02.gifkinoko02.gifきのこフィーバーkinoko02.gifkinoko02.gif でこの時間になっちゃったkao15.gif

IMG_3170

この辺りでは、本来なら8月の終わりごろにやっとちらほらと姿を見せ始める

『シャントレル茸』(日本名:アンズタケ)というキノコなんだけど、

IMG_3112

これがなんと例年より1ヶ月以上も早く出て来てて、採取するのに必死だったの(笑)

このブログでも何度も書いてきたとおり今年は本当に雨が多いんだけど、

それに加えて暑さや湿気なんかが好条件だったからぐんぐん育ってるみたい。

シャントレル茸と聞いてピンと来る人は日本では少ないかもしれないね。

実際、akanimもここに引っ越して来るまでそんなキノコ聞いたことなかったから。

鮮やかな黄色(というか薄いオレンジかな)をした特有の香りと

傘の縁部の不規則な波打ちや脈絡のあるシワ状のヒダが特徴で、

初夏から秋の初めにかけてアジアやヨーロッパなどのマツやモミなどの針葉樹や

広葉樹との混交林に世界中広く発生するらしいよ。

IMG_3222

ポルチーニ茸(ヤマドリタケ)やモリーユ(アミガサタケ)と並ぶ

『ヨーロッパ三大食用キノコ』で

栽培きのこを除けば世界的に最も多く食されている野生きのこらしいんだけど

何故か日本では一部のマニアックな人を除いては殆ど食べられてないらしい。。。

WHY??? 非常に勿体ナーーーーーーーイ!

めちゃくちゃ、美味しいのに・・・。

数日前、第一弾目を収穫した時は嬉しすぎて(こんな量採れることがまずないから!)

ありったけのシャントレルを全部使ってクリームソースにしてパスタに絡めて食べた♡

IMG_3087

 

IMG_3107

お友達も遊びに来てたからみんなに振る舞ったんだけど、口に入れた瞬間、

『ん〜。ワーオ。オーマイガー。』の連発だったよ(笑)

今日は第2弾ということで、少々気合を入れて取りに行ったんだけど、

通常ではありえない数のシャントレル達が姿を見せてくれたよ。

IMG_3219

何時間も犬たちを連れて、途中森の中で迷子になりそうになりながら

なんとも言えないフローに導かれるままに一人歩いて歩いてたんだけど、

行く先々でkira01.gifアタリ連発〜〜kira01.gif 何かね・・・キノコが私を呼んでたの!

大体同じエリアに群生してるから、一つスポットを見つければ沢山採れるよ。

かなり前からきのこ自体にはすごく興味があったから、

この辺りで採れるきのこの識別本は持ってたんだけど、

IMG_3216

わざわざ本を持って行ってまで真剣に探しに行くことが無かったんだけど、

これを機にこれからもう少しきのこの世界について知識を深めていきたいなと思って

早速キノコについてのオーディオブックを購入♡

FullSizeRender 5

最初の章聞いてみたけど、もうすでにハマっちゃって頭の中はキノコでいっぱい(笑)

本当に奥が深いよ。食べる目的だけでなく色んな意味で面白いキノコの世界。

今はもう夜中なんだけど、今日収穫した大量のシャントレル茸を

IMG_3227

さっき冷水の下で極細歯ブラシを使って丁寧に洗って、

IMG_3231

IMG_3235

今は保存用に150度のオーブンで乾燥しているところ。。。。(疲)

それにしても水分飛んだらえらいちっちゃなってる〜kao-a14.gif

まあ仕方ないよね。殆ど水分だからキノコなんて(笑)

ということで、今週はキノコに取り憑かれたakanismがキノコづくしの情報をお伝えしましたgirl.gif

本当は他にも書きたいことあったんだけどそれは来週書くことにするね。

それでは Have a wonderful week ahead!

xoxo

 

〜カナダの大自然に包まれて〜vol.7

♪モーニングコーヒー飲もぉ〜よぉ〜♪

ということで、Good morning!

なんでいきなりモーニング娘。からかというとね、

この前初めてコーヒーを煎るという作業を体験したよ!

だからなんだよ〜って思うかもしれないけど、

実は殆どの人がコーヒーを煎るどころか、

煎ってない状態のコーヒー豆(グリーンビーンズ)を実は見たことなかったりしない?

akanism はなくって、数年前に偶然コーヒー屋さんでグリーンビーンズを見つけて

『おっし!これキャンプファイヤーで煎ったら絶対美味しいで!』という

ノリとイメージだけで2.5キロも買って見たものの、

すっかり忘れて棚の後ろに追いやられて忘れられていたという(苦笑)

で、この前それに偶然気づいて、お友達のパエーリャ用のフライパンをお借りして

遂に煎ってみたよ、この豆!

IMG_2837

どれくらい時間かかるのかとか詳しいこと全然わからないまま

とりあえず火にかけて煎ってたら、段々と茶色になって来て

相方と二人で『おぉーーーー!』って盛り上がりながらも、

直火でしかも手で混ぜてるから均等に火が通らなくて焦がしたりしないか

恐る恐るとにかく混ぜ続け、

後半はコーヒーのいい〜匂〜いが漂って来てテンション上がりまくり、

最後はミディアムローストあたりで火から上げてみた。

IMG_2846

完成したものの、豆の色もどことなくバラバラで

『あ〜失敗したなこりゃ。』と思ったものの、

翌日挽いてコーヒーにして見たら

『あれ?ま・・・いう?!』。

直火だったから美味しいのもあるんだろうけど、

自家製バラバラ焙煎が逆にアンバランスで洗練されていない風味を生み出し

おいしくできたというオチ。

もし今年の夏のキャンプで機会があったらやって見てね♡

 

他にも今週のハイライトは【ワイルド・ストロベリー】だったよ。

IMG_2886

毎日毎日(本当に毎日だからね)降る雨にうんざりしてたものの、

やはり全てのネガティブの裏返しにはポジティブがあるようで

なんとワイルド・ストロベリー(野いちご)が正に超ワイルドにそこら中になっていて、

散歩に行く度に手からこぼれ落ちるほど摘んだよ。

IMG_2935

例年なら、子供の小指の爪くらい小さなものしか出来なくて

ほぼほぼ収獲ゼロ(というか採りに行く価値ないくらいの小ささ)なんだけど

今年はなんと10セントくらいの大きさのものがポンポン採れたの!

FullSizeRender 4

だから毎日毎日いちご。とにかくいちごのオンパレード。

野いちご特有のアンバランスな完成されてない感じが逆に新鮮でよくて。

ずっと生で食べてても飽きるから、下手くそながら

なんちゃってストロベリーショートケーキにして見たり

IMG_2907

IMG_2908

クリームチーズといちごのパイにして見たり

IMG_2978

IMG_2979

チアシード入りのいちごミルクのスムージーにして見たり

とにかくいちごづくしな1週間だった〜♡

野生の鹿↓や熊なんかも食べに来るから競争だよー!

FullSizeRender 5

次は来るよ・・・・ブルーベリーの波が← my favorite♡

昨日色々見て見たらすでに紫色になってるものが顔を出し始めてた・・・up.gifup.gifup.gif

 

そういえば、ついこないだの7/1はカナダの建国記念日だったよ。

カナダ各地で盛大なパーティーが行われていたんだけど、

人混みが苦手な私と相方はただただお家でゆっくり〜

国を挙げての盛大なお祝いだったものの、

かなりの物議をかもしたカナダ建国150周年記念『Canada 150』・・・

ブログ投稿vol.6でも少しだけ触れたんだけど、

アメリカも含め、カナダという国はヨーロッパからの入植者が

元々この土地に住んでいた人たちから

土地・言語・伝統・人権などあらゆるものを剥奪して築いたという歴史があるから、

全てを剥奪された人たちにとっては、

この150年という歴史は消して祝うべくマイルストーンではないという事実が

カナダにいる多くの人々の道義心に重くのしかかったのではないかなと思う。

その昔に白人によって北へ北へと追いやられた原住民の人たちの

コミュニティーがカナダ北部に沢山あるんだけれども、

資源搾取による環境汚染やインフラの不備によって

未だに安全に水道水が飲めない地域が実は先進国であるカナダにあるんだよね。

そのような状況が長年知られているにもかかわらず、

今回のCanada 150のお祝いに

日本円で約4.5兆円もの莫大な額の税金が使われたことによって

沢山のカナダの国民は自分たちの国のあり方を今一度深く考えさせられたんだと思う。

私は日本という長い歴史があって歴史的背景の全く違った島国から来た者として

また、カナダに住まわせて頂いている身として

このような『征服した側とされた側に生じる問題』を実際に目の当たりにして

正直なところ問題が多岐に渡りまた深刻すぎて無力に感じることも多いけれど、

決して考えることをやめてはいけないと思う。

考えない→何もしない→現状の容認→体系的な植民地化の継続に加担するということ。

私が愛するカナダの社会のあり方はもっと未来にあるはず。

その未来を見れるかどうかは自分たち次第ではないかな、と。

そしてその未来は来ると信じて希望を持って向き合うこと。

責任感じます。

私は相方の関係で西部カナダのブラックフット族という

原住民の方たちのコミュニティーに受け入れて頂いて、

毎年夏にセレモニーや交流を通じて色々と彼らの文化や伝統、

信仰を教えて頂いているんだけど、

形態は違うものの不思議と自分のそれと通じるものがあって

理屈ではなく感覚的にすごくすんなりと入ってくるそんな体験をしてるよ。

個人的には日本人の精神性と通じるものがあると私は思ってるよ。

今年も8月に彼らに会いに行く予定があるからまたその時に詳しく書くね。

 

ということで今日はこの辺で!

Have a wonderful rest of the week!

xoxo

 

 

七夕

梅雨明けが待ちどうしいです

むしむしじめじめ暑い季節ですが、彩花苑ではかわいい七夕のくずまんじゅうや

水ようかんが始まりました。7月1日から7日までの限定販売です

七夕くずまんじゅう・水ようかん

 

サマーバレンタインのセット売りも販売しています

七夕3

 

七夕イベントでは、短冊にお願いごとを書いて頂けると

アイスもなか1個プレゼントしています

七夕1

是非お立ち寄りくださいませ

笹だんご・土用餅

梅雨に入りましたね そのわりに雨があまり降らないから逆に心配になります

笹だんご

まわりは柔らかい団子に中にはずんだ餡

夏らしい一品になっています

20170609笹だんご③

 

土用餅

柔らかいお餅をこしあんでお包みしました

今年は一段と餡子がおいしいです

何個でも食べれそうです

土用餅

〜カナダの大自然に包まれて〜vol.6

カナダの田舎から愛を込めて・・・

This is just for you♡

IMG_2794

見てこの可愛いフラワーたちを!

あちらこちらで色とりどりの野花が沢山咲いていて

是非あなたにも届けようと思ってさっきお散歩しながら摘んできた!

この前まで小さな花をつけていたブルーベリーも段々と実になってきてる♪

IMG_2785

犬もお花畑をすり抜けるように走り回って楽しそう。

FullSizeRender 2

 

この時期は私たちのミツバチにとっても「フロー(Flow)シーズン」と言って

花蜜や花粉が沢山取れる繁忙期だから、毎日みんなせっせと働いてるよ。

蜂箱の中では女王蜂もせっせと働き蜂(メス)の卵を産んでいるところだから

蜂の数もこれからぐっと増えていくよ。

IMG_2279

うちは趣味で養蜂を始めて3年目の冬を越したところなんだけど、

豪雪地帯で寒さが厳しくて冬が長すぎるこの地域では

毎年必ず何割かのコロニーは寒さや何らかの外的要因で越冬できずに死んでしまうよ。

IMG_2780

因みに去年の秋の終わりに8箱あったコロニーで今年越冬できたのは5箱だけ。

だから毎年冬支度までにどれだけ沢山のコロニーを確立できるかで

越冬できる数が大体決まるんだよね。

ということでうちの相方(別名:蜂おたく)は蜂に勢いのあるこの時期に

コロニーを増やすのにとにかく必死。(我が家のバイブル↓)

FullSizeRender 2

今年も春一番から毎日砂糖水を沢山あげて蜂さんに元気をつけてもらってから

無事に越冬できた5箱を10箱にスプリット(分けて)して、

スプリットした新しい5箱はそれぞれ新しい女王蜂を作り出したよ。

IMG_2283

そして次はその10箱を手取り早く14箱に増やそうってことで

各巣箱から卵の着いたフレームを取り出して新しい箱に移し、

女王蜂は他の養蜂場から買ってきたものを入れる方法をトライ。

近郊の養蜂場から女王蜂を4匹オーダーしたんだけど、

どうやら手違いがあったようで、

結局なんとアメリカ・カリフォルニア州から

はるばる郵送で送られてきた女王様たち(笑)

IMG_2658

きちんと女王様のお世話係にそれぞれ働き蜂が数匹同行。

喉が渇いているかと思って水を含ませたティッシュを置いてみる。

IMG_2659

早くここから出せ!と言わんばかりのお怒りぶりで

「わーわーわー!」と声を出してた!(←パイピングっていうらしい)

初めて聞いたからちょっとびっくりしたよ。インスタにビデオ掲載!

ということで、この後すぐにそれぞれの箱に入れて一件落着かと思いきや、

4匹の女王蜂のうちの1匹はコロニーにうまいこと受け入れてもらえなくて

残念ながらやられてしまったよ、、、

これは恐らく相方の人為的ミスというか知識不足から起こったことが原因。

相当ショックな様子だったけど、まあこうやって失敗もしながら学んでいくのかなと。

相手は自然だからやはり思った通りにはいかないのが常だし、謙虚にいかなきゃ。

ということで今は13箱で頑張ってます!

いつになったらハチミツが収穫できるのやら・・・

 

ところで、「ねえさん、事件です。」(←あの某昔のドラマのこれわかるかな?笑)

先週末にコンタクトレンズを入れ忘れたまま犬の散歩に出かけた私。

5メートルくらい先を行く犬たちがなんか石の様な塊をクンクン匂ってるな〜と。

あれ?でもあれなんか動いてないか?!!

と思って目を凝らして見てみると・・・

石じゃなくて『カミツキガメ』。

IMG_2777

この時期は産卵時期だから陸で見かけるのは珍しいことじゃないんだけど、

昼間っからでかいのがウロウロしてるんだなぁ〜と思った瞬間・・・

甲羅から長い頭が飛んで出てきてSNAAAAAAAP!!

もーちゃん(犬)もびっくりしてJUUUUUUUUUMP!!

遠くで見てる私も叫ぶNOOOOOOOOOOOO!!

が、時すでに遅し。

・・・・・

はい、やられました。

その名のごとくカミツキガメに鼻噛みつかれた!

近くでモーちゃん見て見たら、鼻ぱっくり切れて流血〜

多分産卵途中だったカメさんにちょっかい出したから〜もぉ〜(怒)

お家に帰って一応消毒して化膿止めは塗っといたけど

FullSizeRender 4

ぺろぺろぺろぺろして本人はどこ吹く風(笑)

ちなみに何年か前に見たカミツキガメは今回のこれの3倍くらいの大きさ。↓

10390397_10152502237260365_3363751527735213336_n

多分甲羅だけで40センチ以上あった様な、、、

これはさすがに怖かったよ〜恐竜かと思った!

まあ自然と生きるってこんなもんなんだね、、、

お互いにリスペクトしながらいい距離を保って

共存できればそれでいいじゃないかと思っている今日この頃。

また次回もケベックの田舎より色々な珍情報お届けします♡